聞きたいニュース、見たいニュース、お騒がせニュース。 今時のニュースをお知らせします。
welcome 今時いろいろニュース !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

こうした人物の密告に地検が動いたなんて、国民は仰天だ

小沢捜査強行 東京地検ネタ元の正体
 
そろそろ小沢問題も東京地検のボロが出てきだしましたね。

はじめ色々言っていた評論家も、今回の逮捕劇に不信感をあらわにする人もいます。

こんな逆恨み告発で、国民を逮捕したり、立件したりしているんでは、どこかの恐怖政治と同じです。


2010年1月18日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 小沢事務所のガサ入れまで強行した東京地検。地検の“ネタ元”になっているのが、昨年7月まで石川知裕議員(36)の私設秘書をしていた金沢敬(41)という不動産屋だ。金沢氏は、秘書を辞めた直後から地検にネタを持ち込んでいた。かつての親分を売り渡した金沢氏とは一体、どんな人物なのか。


●不動産でボロ儲け、愛車はフェラーリ

 金沢氏は14日自民党が開いた「勉強会」に出席。「石川議員が西松建設や鹿島の幹部の名刺を処分していた」「西松事件の時、証拠を隠した」「証拠隠しは小沢先生の指示だと聞いた」と、小沢幹事長や石川議員を告発。「参考人の要請があれば、いかなる場でも発言したい」と自民党を喜ばせる発言を連発している。

 金沢氏は、昨年7月と8月には地検特捜部に資料を提出し、12月には「西松事件の時、証拠を隠した」という上申書を出している。「それを踏まえて小沢事務所などの家宅捜索になった」(金沢氏)という。

 仕えた親分を裏切るのは、よほどのこと。てっきり正義感からかと思ったら、私憤私恨も理由らしい。

 金沢氏が石川議員の私設秘書をしていたのは、08年9月から09年7月までの約1年間。もともと政治に興味があり、石川から「だったら将来は参議院選挙で民主党の公認を取らせてあげます」と言われ、無給で私設秘書をすることになったという。

 ところが、昨年7月、石川から「金沢さんの公認話は無理だ」と告げられて激怒。政治のド素人がたった1年間、私設秘書をしただけで公認がもらえるはずもないが、この一件で石川議員と袂を分かち、地検に駆け込んだ、という経緯だ。

「金沢さんは、政治家になりたくて仕方がない。どうしても民主党から立候補したかったのに、かなわなくなり逆ギレした形です。諦めきれず、7月の参院選に出馬するつもりなのか、『新党北海道』という政党まで立ち上げています。一部では、自民党に協力することで、自民党からの出馬が約束されているのではないか、という憶測も飛んでいます」(政界事情通)

 石川議員もとんだ人物を秘書にしてしまったものだが、この金沢氏、かなりクセのある人らしい。

「金沢さんは、札幌生まれ。北海学園大学の出身と聞いています。20代から不動産業を始め、バブル崩壊後、不良債権を安値で仕入れてボロ儲けしたそうです。カネは持っている。六本木ヒルズにも事務所を構えています。愛車はフェラーリにベントレー。ただ、ルイ・ヴィトンのネクタイにスーツケースといかにも成り金ぽい」(関係者)

 どこまで本当か信用できないが、ネットには金沢氏が経営する不動産屋に対する罵詈雑言(ばりぞうごん)が書き込まれている。

 こうした人物の密告に地検が動いたなんて、国民は仰天だ。

(日刊ゲンダイ2010年1月15日掲載)

category : my shop 

国会開会時期の逮捕劇
「全面的に闘っていきたい」民主党大会で小沢氏

マスコミも、もう少し客観的な報道はできないものでしょうか?

ある評論家が、今朝、報道番組で言っていましたが、マスコミは

検察は絶対であるような書き方をしているが、すべてがそうともいえないことがある。

以前も裁判で最初の勢いから、トーンダウンして、消えてしまったものもあると。

確かに小沢さんの説明がなされているとは思わないが、今、このときに、

「どうだ検察をなめんなよ」的なやり方がいいのだろうか?

国会がこれから開かれんとしているときに、普通はやらなかった、これ見よがしな

やり方は誰かに掴まされているのではないかと、かえって疑ってしまう。

自民党は、どうにも切り崩しのすべを持っていないこのときに、

この問題で勢いづいている。自民党を勢いづかせるための、策略ではないかと

疑いたくもなる様相である。

ということは、検察も裏があるのではないか?

今国会は、どんどん法案を成立させなければならない大事な国会である。

これで、野党は本質を忘れ、政府を倒さんがためにごねていたんでは、

国民の弱者はたまったもんではない。

どちらも早く正常な日本にしてくれるよう、願います。


民主党大会が16日午後1時過ぎに始まり、小沢一郎・党幹事長は、資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で公設第1秘書・大久保隆規被告(48)らが逮捕されたことをめぐり、「全面的に闘っていきたい」と述べ、検察と闘う姿勢を明らかにした。

 小沢氏は大会あいさつの冒頭で「党務報告を申し上げる予定だったが、現職の国会議員が逮捕される事態にまでなりましたので、(党の)皆様と国民の皆様に説明申し上げたい」と述べた。

 そのうえで、石川知裕衆院議院らが逮捕された経過について説明し、「事務所も計算のあやまちや計算のミスはあったと思う。しかし、こうした間違いはこれまで報告の訂正といったもので許されてきたものだ。今回はなぜか最初から逮捕・強制捜査という経緯をたどった。そのことに納得のできない思いだ」と述べた。

 さらに「土地の購入をめぐって不正の資金を取得して購入費にあてたと報道されているが、不正なお金を使ったものではない」と自らの潔白を主張した。






category : my shop 

山登り偏重?早大のわがままか?
山上り偏重に疑問の声も 区間割りの再検討が必要?


 そもそもわざわざ2006年に区間距離を伸ばした意味は何か?

スポーツもやっかみがルールを左右するわけね。

早大が負けが込んでくるとルールがどうのと文句を並べる。

スポーツマンらしくないな!

オリンピックでも日本人が突出すると、スキーも柔道もルール変更して、

アメリカ、ヨーロッパの強国が優勝しやすいように変更してしまう。

それと同じ。その煮え湯を飲まされてきた割には、国内でがたがた言っている。

スポーツを一生懸命応援しようという気が薄れてしまう。

ま、東洋大は多分そんないじめに屈しない層の厚さがあると思う。

がんばれ!




 86回の歴史を誇る箱根駅伝はことしも名物「山上り」の5区で大逆転劇が演じられた。高低差860メートル以上を駆け上る天下の険は10区間最長の23・4キロ。首位と4分26秒差をひっくり返した東洋大のエース柏原竜二の激走は称賛するしかないが、総合力を問われる駅伝で全体の勝負に占める割合が山上りに偏重しすぎと疑問の声も出ている。

 かつて花の2区で沸かせた早大の渡辺康幸監督は「山を爆走したチームがほぼ優勝。それが最近の箱根になっている」とエース区間の意義低下を嘆き、早大OBの瀬古利彦氏も「1~4区はもういらないんじゃないの」と冗談めかして言う。これに対し、東洋大の佐藤尚コーチは「“柏原包囲網”でまた区間変更したら不公平」と警戒した。

 背景には世界で戦えるマラソン選手の育成と強化を目的に、2006年の第82回大会から4区が短縮され、5区を2・5キロ延ばした変更がある。それ以降、5区で逆転しての往路優勝は5年連続となり、総合優勝を左右する傾向も強まった。

 関東学生陸上連盟の青葉昌幸会長は区間割りの再検討について「現状では考えていない」と話すものの、「最優秀選手が山上りの選手ばかりなのはちょっと…」と本音も。

2010/01/03 19:02 【共同通信】
ホーム 共同ニュース
category : my shop 

プロフィール

冷や汗ブロガー

Author:冷や汗ブロガー
冷や汗ブロガーのブログへようこそ!
日々お役に立つニュースなど心をこめて掲載していきます。

スポンサードリンク
ブログ内検索
たねプロちゃんだよ!
「たねブロちゃん」は、色んなお花が登場するブログパーツです☆ タイミングによってお花が変化! ごあいさつの後には、花がブログの「たね」を提供するよ。 これからは書くネタに困ったら たねをクリック♪
FC2カウンター
欲しいもの楽天におまかせ
Pingoo新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。