聞きたいニュース、見たいニュース、お騒がせニュース。 今時のニュースをお知らせします。
welcome 今時いろいろニュース !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

あゆちゃん、貴女だけではない。がんばって!

浜崎あゆみ襲ったダブル「悲劇」 難聴に加えて姉が亡くなっていた

あゆちゃん、悲劇とか、人生にとって悪いことは、続けて起こるものですね。
なぜか分かりませんが、その人の身に起こることは、その人を成長させようと神様がそうさせているとかいないとか。

そうはいっても、なんで私だけ?って思いますよね。決して私だけではないのです。
それぞれが、それぞれに悩み、苦しみを心に持ちながら、日々生きていかなければならないんですよね。それが、その人の許容範囲か否かで、他人に危害を加えてしまう場合もある。難しいです。

ブログには、撮影やレコーディングのために米ロサンゼルスに長期滞在していた07年秋に、浜崎さんの姉が亡くなったと書かれている。その知らせは浜崎さんの母親からスタッフに届いたが、スタッフらは仕事が続行できなくなるだろうと判断し、浜崎さんには知らせなかった。

  「私は何も知らずに、のんきにも、『なんか急に(姉から)メールが来ないんだよねぇ~』なんて言っていた。
  事実を伏せていた彼らは相当辛かっただろうと思う」

 帰国して姉の訃報を聞き、その時の自身の様子をこう書いている。

  「私は、ひとりで家を飛び出した。
  タクシーに乗り込んで、姉貴の家へ向かった。
  何故だか解らないけれど、携帯の電源を切って」

■何時間も、黙ったまま、ただしゃがみ込んでいた

  「そして、灰になった姉貴に会った。
  私は何時間も、黙ったまま、ただそこにしゃがみ込んでいた。
  現実なのだと受けとめるまでには、かなりの時間がかかった」

 しかし、すぐに慌ただしい年末がやってきて、虚無感に襲われたまま、いくつもの大きなイベントをこなしていった。そこで、更なる壁にぶつかることとなる。07年12月30日と31日に行ったカウントダウンライブで、浜崎さんは左耳が聞こえないことに気がついたという。いつだって「何とかなるぜ!!! 」と思い、ひたすら走り続けて来たが、

  「ものすごく大きな、これまでに感じた事のない程の不安に心を支配されていた」

  「自分がボーカリストとしても、また、チームを引っ張っていくべき立場にある人間としても、その役割を全く果たせていないと感じていた」

■「姉貴、しっかり見守っててくれよ!!! 」

 その時ばかりはふさぎ込んだ。さらに、1曲、また1曲と歌っていくたびに耳の状態は悪化し続け、気持ちは焦るばかりだ。

  「思うように歌えない、聞こえない…」

 ぶつけようのない、怒りや悲しみ、悔しさで、泣いてばかりのライブになってしまったと振り返る。

  「自分はもう二度と、これまでのようには歌えないんじゃないか。
  あれが、最後のステージになってしまうんだろうか」

 悩み、考え続けたが、出した答えは

  「歌い続ける」

というものだった。自ら出した結論だが、精神的にも肉体的にも毎日が戦いとなり、今回の全国ツアーを迎えるにあたっても堂々とした姿でステージに立とうと、リハーサルも入念にした。浜崎さんの強い思いはファンに通じ、浜崎さんもこれまで以上にファンの気持ちを実感できて、ツアー中は感激しっぱなしだった。

 そして迎えるファイナルを前に、

「姉貴、しっかり見守っててくれよ!!! 」と締めくくっている。

 浜崎さんは08年1月4日のブログで、「左耳はもう完全に機能しておらず、治療の術はないと診断されたんだ」と告白していた。














category : my shop  comment : 0  track back : 1

国民はしっかり報道番組をみて、考えなければ・・・
「ブロードキャスター」9月末で打ち切り

残念ですね。最近はわけの分からない、バラエティーが横行。つまりあまりお堅いのは、いまの日本人には、程度が高すぎるってことですか?「ブロードキャスター」は特別高ラインとは思いませんが。

今、日本は食糧問題、環境問題、年金問題、後期高齢者医療保険問題などなど、一人ひとりが考えなければならないことが、山積みなのですから、報道番組は必見ですがね。

ウィークデイの報道ステーションのように、我々の意見をはっきり言ってくれる番組は、なくさないようにして欲しいものです。でもキャスターの歯に衣着せぬ物言いに、政府か自民党か知りませんが、そろそろ週刊誌で叩きに出ていますね。

そんな力や、せこいやり方には決して屈しないよう、がんばって欲しいものですね

TBS系情報番組「ブロードキャスター」(土曜午後10時)が、9月末で終了することが27日、分かった。同番組は91年4月に福留功男キャスター(66)と三雲孝江アナ(54)のコンビでスタート。「お父さんのためのワイドショー講座」など、硬軟取り交ぜた構成で最盛期は20%前後の視聴率をマークしていた。だが、最近は12%前後と一時の勢いを失っていた。
 三雲アナに代わり、04年10月からは元NHKの久保純子アナ(36)を起用したが、視聴率低迷に歯止めはかからなかった。関係者によると、後番組はバラエティー番組を軸に検討されているという。同局PRセンターは「(打ち切りが)正式決定したとは聞いておりません」としている。
 長寿番組打ち切りの背景には、福留氏の高額ギャラも一因だ。ネットの普及でテレビの広告収入が頭打ちの中、各社とも番組制作費の削減を進めている。フジテレビが、小倉智昭キャスター(61)の「ハッケン!!」、安藤優子キャスター(49)の「新報道プレミアA」を今月末をもって終了させたのと同じ構図だ。日本テレビも昨年9月、14年半続いた草野仁キャスター(64)の「ザ・ワイド」を終了させている。
 「報道のTBS」と呼ばれた同局は、報道・情報番組は得意分野だった。ワイドショー全盛時代の90年代には朝ワイド「モーニングeye」が視聴率で同時間帯トップを独走。ゴールデン帯にも「スペースJ」など、数多くの報道・情報番組を編成していた。しかし、90年代後半にはオウム真理教ビデオ事件の影響から、次々と報道・情報番組が打ち切りに。その後、情報系番組を復活させたが、かつての勢いを取り戻すことはできなかった。
 昨年度の年間視聴率も、TBSは、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日に引き離され4位に甘んじている。「ブロードキャスター」はTBSの伝統を背負った番組だったが、バラエティー番組全盛時代の波にのみ込まれてしまった。
category : my shop  comment : 0  track back : 0

拉致問題解決なくして、テロ支援国家解除を許さない!


北朝鮮が核申告書提出へ=米はテロ支援国解除

いよいよ解除ですか。日本って何しているんでしょう。本当に今までアメリカにどれだけ犠牲を払ってきたのでしょう。

表向きは日本の拉致はテロだって顔して、いい子ぶりっ子して見せていましたが、とどのつまり、ブッシュ大統領の、自分の最後の威信を見せたいということでしかなかったわけです。

安倍、山崎両氏のバトルも裏に利権があるってことらしいし、拉致問題は私が解決しますと言い切って、首相になった人もいますがさっぱり駄目で、いつものようにアメリカにしてやられたわけですよ。

自分の国民は、自国で守る。それしかないのに、日本の政府ってまったく頼りない!

拉致家族、年老いてくる家族の方々の心の苦悩、悲しみ、虚脱感、いらだちを思うと、なんとも情けないです。

 北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議合意に基づき、北朝鮮は26日、核放棄に向けた「第2段階措置」として義務付けられていた核計画の申告書を議長国・中国に提出する。中国の武大偉外務次官が記者会見し、発表した。米国は同日、申告の「見返り」として北朝鮮のテロ支援国家指定を解除する方針を議会に通告する。解除は通告翌日から45日後に発効する見込みだ。






category : my shop  comment : 0  track back : 0

品格ある言い方考えたら?
「気に入らないなら職変えて」大阪府の橋下知事が朝礼で激怒

公務員の全く礼儀をわきまえない言いように、あきれますねえ。
根底にあるのは、給料の引き下げでしょ。一般企業では引き下げにも、会社が危ないなら仕方がないと、泣く泣くでも、受け容れていますがね。もっとも、秋葉原事件のようになっては困りますが。

とにかく今まで、好きなようにお金を使ってきたので、切れたのでしょうが、大人、しかもこの年齢で、言い方考えた方がいいですよ。巷では、もっと悲惨な目に合っている人たち、いっぱいいます。

 「知事を人として尊敬できない」「民間では考えられない物言い。上司として注意する」。12日午前、大阪府庁新別館で開かれた朝礼で、職員と橋下徹知事との間でこんなやりとりがあった。知事の改革への姿勢を批判した男性職員に対し、橋下知事は厳しい言葉で応酬。「私のやり方が気に入らないなら、職を変えてくれ」とやり返した。

怒ったり、泣いたり… 「橋下知事の目にも涙」

 朝礼は46歳以上の課長補佐級職員が対象で、この日は約140人が出席。男性職員は非公開で行われた意見交換の場で「職場の士気が下がっている。知事を人として尊敬できない。公務員は兼業を禁止されているが、知事はテレビに出演している」と発言した。

 職員はさらに、士気低下の要因として人件費の削減や庁舎の全面禁煙など5点を挙げ、「大阪ミュージアム構想や水都は思いつき」「『選挙で負託を受けた』と言って自らを正当化している」などと橋下知事を批判した。

 これに対し、橋下知事は「一般職員と特別職員は責任の重さが違う」とした上で、公務以外の番組出演は断っていることや、今月中にも受け取った出演料の額を公表する予定があることを説明。職員の発言については「民間では考えられない物言い。ここは団体交渉の場ではない。上司として、その言い方に注意をする。私のやり方が気に入らないなら、職を変えてくれ」と厳しい言葉を投げつけた。

 朝礼は改革の姿勢を職員と共有するため、橋下知事の意向で3月からスタート。1回目の朝礼でも、女性職員が「どれだけサービス残業をしているか知っているのか」と発言し、物議をかもした。

category : my shop  comment : 0  track back : 0

プロフィール

冷や汗ブロガー

Author:冷や汗ブロガー
冷や汗ブロガーのブログへようこそ!
日々お役に立つニュースなど心をこめて掲載していきます。

スポンサードリンク
ブログ内検索
たねプロちゃんだよ!
「たねブロちゃん」は、色んなお花が登場するブログパーツです☆ タイミングによってお花が変化! ごあいさつの後には、花がブログの「たね」を提供するよ。 これからは書くネタに困ったら たねをクリック♪
FC2カウンター
欲しいもの楽天におまかせ
Pingoo新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。